派遣看護師 仕事内容

一般の看護師との違い

イメージ

派遣看護師として働くことを考えている方も少なくはないですが、一般の看護師と仕事が違うのではないかと不安に感じている方も多いでしょう。

単発や短期、長期と期間は様々で、職場も比較的頻繁に変わることの多い仕事になりますので、看護師としてのキャリアを積むことが出来るのかと不安に感じている方も少なくはありません。

派遣看護師は、全国各地の医療機関などに行き、看護師として仕事をする仕事になります。

そもそも、派遣看護師は紹介予定派遣や代替人員としての派遣になるため、業務に関しては一般看護師のそれと何ら変わる事のない仕事になります。

派遣看護師サイトなどでも、ある程度の業務に関しての説明や記載があり、ある程度は自分で仕事の内容を選んで派遣看護師として働くことも出来ます。

突発的に人員が不足するケースも少なくはなく、そうした場合に派遣看護師に代替人員としての仕事を依頼するわけですから、一般の看護師と同等、あるいはそれ以上の能力が必要になります。

派遣看護師に必要なスキル

派遣看護師に最も必要なスキルは、看護師としての基本的な能力はもちろんですが、何と言っても対人能力になります。

長期的な仕事であれば、その職場に慣れてしまえば、後は正社員としての常勤看護師などと同様に働くことは出来ます。

しかし、単発や短期の仕事などの場合、都度、職場が変わってしまうことになるため、そのたびに職場の人間関係を作り直さなければならなくなります。

そのため、派遣看護師の最初の仕事は、職場の人間と円滑な関係を築くと言うことになります。

職場の人間関係を円滑にすることが出来れば、後は一般看護師と同様の業務になりますので、入院患者のケアや治療補佐などの仕事をすることになります。

派遣看護師の仕事が不明瞭で不安と言う方もいるかもしれませんが、業務自体は何ら変わることのない通常の看護業務になります。

ただし、短期などの場合には、責任のある仕事を任されることはほとんどなく、雑用や入院患者のケアなどが主だった業務になります。

トップへ